特定社会保険労務士・アンガーマネジメントファシリテーター盛田の日々活動ブログ

東京都日野市で社会保険労務士、FP、アンガーマネジメントファシリテーターをしています盛田です。開業間もなく日々奮闘している記録ブログです。

顧問料の口座振替

おはようございます。

 

今日は5月14日火曜日。今朝の日野市はどんよりと曇っていて、少々ひんやりしてジャケットを羽織らないと寒いですね。昨日は終日雨でしたが、やっと止んでいます。yahoo天気予報を見ると、今後暫くは雨は降らなそうで、この時期らしい気温が続くみたい。
今日はこの後、都内で夕方までビジネスカードの活用研修に参加してきます。久しぶりに終日研修なんですよね。ワークもあって座学でないのでウトウトすることなく楽しく受講できると思います。研修の感想などはまたブログに書きますね。

 

以前も書きましたが、私の事務所は顧問料を日本システム収納のシステムを使って口座振替しており、毎月8日に前月の顧問料を引落して、原則15日に事務所の口座に入金されます(暦によっては16日になることもあり)。また8日に自動引き落としされた後、概ね13日前後(着金の2日前くらい)に口座振替結果が分かるようになっていて、引き落としできなかった顧問先の確認ができるようになっています。

 

なお、数件ですが、資金繰りの関係で口座振替を希望せず直接振り込んでくる顧問先もあります。特に介護や障害の事業所では、介護報酬や障害福祉サービス報酬が15日以降に国保連から入金となるので、8日に引き落としだと資金繰りに影響するとの判断もあるようです。

 

昨日13日は口座振替の結果を確認して、スタッフが私に報告してくれました。「今月は全部の顧問先で引き落としできました」と笑
実は今まで毎回引落しできない顧問先があったのですが、先々月に他の理由で顧問解約しているので、ここ2か月くらいは未納となった顧問先は0件なんです。当たり前なことですが、やっぱ気持ちいいですよね~。引落しできなかったら、こちらから連絡しないといけないですし。

 

口座振替を利用し始めたのは、開業して1年くらいしてからだったと思います。未だ顧問先が10数件の時でしたが、早めに始めようと思いまして。今まで顧問料の請求書を送って月末までに入金をお願いしていましたが、顧問先が増えたら個別に入金を確認して売掛残高の消込をするのも面倒になるし、口座振替に切り替えると入金サイトが替わるため事務所の資金繰りにも影響しますからね。なので、開業間もない先生も早めに口座振替に切り替えることをお勧めします笑

 

それでは今日はこの辺で。8時半前に事務所を出て、都内の研修会場に向かいます。今日も素敵な一日となりますように。

 

写真は昨日のお昼ご飯。立川に行ったので、北海道ラーメンのお店の塩ラーメンランチ(サービス券を使って900円くらい)。安定の美味しさです。


f:id:Hiroaki_M:20240514063313j:image

 

sr-morita.com