特定社会保険労務士・アンガーマネジメントファシリテーター盛田の日々活動ブログ

東京都日野市で社会保険労務士、FP、アンガーマネジメントファシリテーターをしています盛田です。開業間もなく日々奮闘している記録ブログです。

労務相談に思う

おはようございます。

東京・日野市の特定社会保険労務士/アンガーマネジメントファシリテーターの盛田です。今日は6月2日水曜日。日野市は曇っています。今朝は何だか早く目が覚めたので、いつもより少し早めに自宅を出て、6時過ぎからスタート。朝早くから動き始めると一日が長いですね(笑)。

 

3月まで勤務していた「働き方改革推進支援センター」や、地元日野市でも労働相談を担当させてもらっています。他にもスポットで助成金相談窓口なども。基本的には初対面の方からの相談を受けますが、あまり詳細な質問事項など分からない状態で疑問点、心配事項などヒアリングした上で、労働関係諸法令をはじめとした労務の専門家として的確な(?)回答を発する必要があります。相談に来られる方もいろいろな方がいて、きちんと資料を揃え準備万端で来られる方、とりあえず話しを聞いてほしい方、聞きたいこと自体が整理できていない方など様々です。そんな中で社労士として品位を汚さず、答えを導くことは結構大変なことだと担当する度に思います。
理路整然と質問される方は別として(それはそれで的確な回答が必要なので骨が折れる想いですが)、案外と話しを聞いてほしいと思って来られる方も多いなと感じます。もちろんご本人はそんな認識はないのでしょうが、話していると、答えは既に相談者の中で出ているんでしょ、って言いたくなることも結構あります。まぁ話して答えが整理できれば、それでも全然問題ないので構わないのですが。労務相談の場は、一期一会の真剣勝負の場であり、社労士自身も自分の知識や考え方などのブラッシュアップに繋がりますし、地域で困っている方の支援になるので地域貢献でもあります。今後も身の丈に応じて、お引き受けして対応したいと思っています。

 

昨日は1件顧問先の解約がありました。先方からの申し出でしたが、私自身も顧問契約解消のタイミングを考えていたので、まぁ残念ではありますが、顧問することにストレスも感じていたので少しホッとしている自分もいます。士業の先輩と話した際には長いこと士業をやっていればこんなことは普通にあるのだから気にしないこと、なんて激励もいただきました。新たな顧問先獲得に向けて頑張らないと。。。

 

今日は午前中内勤して、研修レジュメの作成など片付けます。午後は顧問先に訪問して相談事項への対応などします。

今日はちょっと短めですが、この辺で。それではまた。

sr-morita.com