特定社会保険労務士・アンガーマネジメントファシリテーター盛田の日々活動ブログ

東京都日野市で社会保険労務士、FP、アンガーマネジメントファシリテーターをしています盛田です。開業間もなく日々奮闘している記録ブログです。

モヤモヤが一つ晴れる

おはようございます。

東京・日野市の特定社会保険労務士/アンガーマネジメントファシリテーターの盛田です。5月16日日曜日。薄曇りの朝です。今日もやはり朝から事務所へ出勤。今日は10時くらいまでしか事務所にいませんが、積読となっている本を読もうかなと思っています。自宅だと読もうとの気持ちにならないんですよね。

 

昨日は午前中、社労士会の介護福祉勉強会に参加しました。この勉強会では主に介護職員処遇改善加算の取得等の支援ができるようになることを活動テーマにしています。昨日は教科書本を元に処遇改善加算制度の理解を深めたり、他の先生の活動事例を聞いたりしました。ベテランの先生方に図々しくも顧問先の処遇改善手当の取扱いについて疑問があったので、質問したらいろいろと教えていただき、かなりすっきりできました。モヤモヤが一つ晴れましたね(笑)。実務を経験することで理解がより深まります。介護分野は今後も顧問先を増やしたい業種なので、特に処遇改善加算あたりの理解は深めないとと思っています。

 

午後は地元のFPの勉強会に出て、夕方から倫理法人会の集まりに参加。7月に東京都倫理法人会では大きなイベントを開催することになっており、私たちひの多摩倫理法人会でもサテライト会場を設けてweb上でリアル参加することになっています。昨日は、会場の下見や実際に音響のテストなどしてきました。2時間くらいかかるかと思ってましたが、結局1時間ちょっとで終了。助かります(笑)。倫理法人会は次期より今より高い(?)役職を仰せつかることになっていて、今以上に倫理法人会の諸活動に時間や手間を取られることになります。これも自分が成長するための有難い学びの場と捉えて取り組みたいですね。ババ抜きのように押し付けられたものではないので、役職をどのように捉えるかは自分次第。信頼と期待の裏返しでもあるでしょうから、自分の成長に繋げたいですね。

 

では今日はこの辺で。東京は緊急事態宣言下ですが、全然そんな感じがしないですね。先日吉祥寺に行ってきましたが、昼からビールを出すお店もありましたし、日野市内でも営業自粛ではお店がつぶれてしまうため、週末から営業を再開した居酒屋もあるようです。これだけ我慢を強いて大した補償もないので、理解できる面もありますよね(休業協力金もスピーディに入金されないですし)。個人経営の居酒屋が潰れるってことは事業主が多額の負債を抱えるってことですし、感染防止に協力しました⇒結果廃業したでは意味がないですから。誰もお店を開ける店主を責められないですよね。クラスターが起きないよう感染対策をきちんと実施して節度を守って営業すればいいのではないかと思います。

ではまた。

sr-morita.com