特定社会保険労務士・アンガーマネジメントファシリテーター盛田の日々活動ブログ

東京都日野市で社会保険労務士、FP、アンガーマネジメントファシリテーターをしています盛田です。開業間もなく日々奮闘している記録ブログです。

経営者勉強会で雇調金の説明をした

おはようございます。

東京・日野市の社会保険労務士・アンガーマネジメントファシリテーターの盛田です。

今日から4連休ですが、雨の連休スタートです。ちなみにこの4連休ですが、今日は自宅にいるものの(仕事もします)、明日からは事務所か顧問先へ行ってきます。特に雇用調整助成金の支給申請(6月分給与で支払った休業手当分)を取りまとめる企業の資料が揃ってきましたので、その整理をしないと。週明けに一斉に(と言っても、数社ですが)発送することにしています。

東京都は外出自粛の要請も出ていますので、できるだけstayhome、stayofficeで過ごすことにしています。

 

昨日はあきる野市で経営者勉強会に参加し、雇用調整助成金の最新情報ということでご案内して参りました。ちなみにあきる野市って、都民でもあまり馴染みがないように思います。多摩地区の西部に位置しています。


[4K] Akiruno city - the unknown Tokyo/ JAPAN / あきる野市観光PR動画

 

勉強会参加者は15名くらい。皆さん、地元の経営者です。最初は各自から自社および業界の現状や自社の取り組みなど報告いただきました。現場の生の声が聞けて、面白かったです。さすが皆さん経営者。コロナ禍を前向きに捉え、新たな取り組みの準備をしたりする話が聞けて貴重な機会になりました。

私からは雇調金の現状ということで、申請実績や支給実績、肌感覚ですが支給までの期間まどご報告し、あとは制度の概要を説明と特にこれからはじめて申請する企業(あまりないと思いますが)に対しては、東京都などで専門家の無料派遣事業を行っていますので、その活用を連絡先を含めご案内しました。併せて、地元でも金融機関や商工会などで無料相談会についてもご紹介。

後は雇調金を利用している企業向けには、東京都の上乗せ支給についてご案内しています。

新型コロナウイルス感染症対策雇用環境整備促進事業(新型コロナウイルス感染症対策雇用環境整備促進奨励金)

www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp

 

この奨励金は雇用調整助成金または小学校休業等対応助成金の支給決定を受けた企業に対して、コロナ対策を行ったことに対して10万円の給付をする制度です。それほど難しくない(例えばマスクを備蓄するなど)対策をするなどして申請すると受給できます。

取り組むことはそれほど難しくないのですが、提出書類の準備が面倒ですね。東京都の給付金は他もそうなんですが、提出資料がたくさんあるイメージです。

今回も雇用調整助成金の支給決定しているにも関わらず、支給申請書のコピー(しかもハローワークの受領印付きなど)や履歴事項全部証明書、納税証明書などの提出などが必要になっています。雇用調整助成金でさえ、こんなに書類が必要でないのにーと思ってしまいます(しかも10万円の支給なのに)。

顧問先でもこの給付金の申請準備をしているので、いろいろと資料を見ていますが、かなり面倒ですね。報酬に繋がらないのが悩ましいところです。

 

それ以外では雇用調整助成金の申請をしない企業も参加されていますので、他の助成金の情報やアフターコロナでの労務管理ということでテレワークや在宅に伴うメンタル疾患などのお話もちょっとしました。こっちの資料をちゃんと準備しておけばと少々反省です。全体の流れの中で急ぎ口頭でご案内したので、聞いている方は分かり難かったかもしれませんね。終わったのが9時だったので、お腹を空かせながら帰宅。若かったらきっと帰りにラーメン、となるのでしょうが、9時過ぎにお店でラーメンを食べたら、寝つきが悪くなりそうなので我慢です(笑)。

 

では、今日はこの後、ちょっと買い物に行ってきます。皆様、コロナに気を付けて素敵な連休を。

 

sr-morita.com